ぶんぶんの家出

大変な出来事が起こりました。
1月の寒い朝。1匹の猫ぶんぶんが居なくなりました。
家の中の生活しか知らないのに・・
もしかしたら、夜、換気した時ベランダから逃げ出した?
玄関を開けたとき飛び出した?
いずれにしても 私の不注意で…
交通事故に遭ってない?道に迷って帰れない?寒い中凍えてない?
野良猫さんの縄張りに入って追いかけられてない?              
不安は次々沸いてきます。
猫の名を呼びながら あてもなく近所をウロウロ。
ご近所の方に出会えば 涙目で事情を話し捜索依頼。
警察にも届け(落し物として登録されます)動物愛護センターにも連絡。
もちろん張り紙もしました。
絶望的な4日間が過ぎた朝、ご近所の方より「今、庭にいるよ。早く来て~」                                                               
走って行って感動の対面!!と言いたい所ですが にゃんこは「みつかっちゃた」
皆様のお陰で無事に帰ってきました。
捜査願いはすべて解除。
情報を色々くださったご近所の皆さんからは「よかったね」の嵐。
お騒がせ致しました。以後注意します。
とてもとても辛い数日でしたが、周りの方の優しさもたくさん感じた数日でもありました。
佐藤 ゆう子

初積雪

豊野町に今年初の積雪が見られました。
写真はユーベルホール前のものです。
ここは、四季の色がはっきり出る所で、私の
お気に入りの場所のひとつです。
 
 
 
 
フリーステーション前の車にも雪がどっさり!!
 
 
 
 
 
 
 
 
豊能町にお住まいのゲストの皆様曰く、「昔ほど雪が降らんようになった」そうですが、私のように雪が滅多に降らない地域に住んでいると、雪の降る地域がうらやましく思えたりします。
今日もつい雪を手にとっては、雪だまをつくってしまうのでありました。
 
安田順一

待ち遠しい年賀状

我が家に毎年届く、楽しみな年賀状を紹介します。
送り主はIさん。
以前近所に住んでいて、今は遠くに引越してしまい、年1回の年賀状だけのお付き合いです。
彼女とは、お互いの子ども達がまだ幼い頃(もう20年位前)に子どもを通して知り合い、毎日のように遊び、お互いの家を行き来して仲良くしていました。
彼女のとてもおおらかで、明るくて、胆の据わった安心感に助けられながらの、楽しい子育てでした。
が、残念なことにご主人の転勤で引越しが決まり、それからは年1回の年賀状のやり取りのみとなりました。
 彼女の年賀状は、毎年家族全員の笑顔の集合写真。そして、一人一人の1行コメント付き!
ここ数年は5人の子ども達(子だくさん!!)が順に結婚し、お嫁さんや旦那さん、そしてそれぞれの子ども達も加わり、今年はなんと総勢15名!
さすがに一言コメントはなくなり、今年は『I家でまだ独身は何人でしょう?当たった方は我が家にご招待!』のクイズ付でした。
この家族写真の年賀状に新年からにっこり笑顔になり、我が家の会話もはずみました。
なかなか会えないI家のみんなの成長ぶりを嬉しく思いながら、また新しい1年がスタートしました。
我が家も負けずに楽しく頑張るぞ~(^O^)/
                                               河上よし子

☆ た ・ か ・ ら ・ も ・ の ☆

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく
お願い申し上げます。
 
 
これは敬愛するゲストがまごころ込めて
折ってくださった
ダイアモンドよりも深く
美しい輝きをはなつ
《雪の結晶》
です!!!
 
いつも名札ケースにしのばせています。
 
 
どんな時も
わたしを強く励ましてくれる
とっても大切な
 
「 た ・ か ・ ら ・ も ・ の 」
 
 
ゲストから励ましを頂戴し
あゆませていただく日々です。
 
心から
 
ありがとうございます。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
若松 裕子