小鳥の恩返し

小鳥の恩返し

  玄関先の樹木の剪定をしていたところ、木々の中に鳥の巣を発見。
  気がつけば、私を威嚇するかの様に、親鳥が飛び回っています。

  きっと卵があるのでしょう、それなら、剪定は小鳥たちが巣立ってからにするとして、その日から、小鳥一家を見守ることにしました。

  やがて、卵がかえったか、親鳥が、一生懸命、ご飯を運ぶ姿を見るようになりました。それは、それは、かいがいしく、行ったり来たり、必死に、子育てをしている姿に胸が熱くなり、ご近所さんも一緒になって、応援していました。
そして、親鳥のお留守をねらって、そっと、雛の様子をみては、なんだか、子や孫を見まもるような気持ちで、楽しんでいました。

  そして、巣立ちの日。

  一羽ずつ、少し離れた親鳥の元に、勢いよく飛びたちます。

  一羽、そして一羽。

  ところが、必ずいるんですね、どんくさい子が。

  飛び出しはしたものの、親鳥のところに、なかなか行けません。バタバタと焦っている様子のわが子に、「頑張って。こっちへおいで。」と言っているかのように、親鳥は、その子の近くを飛び回ります。

  頑張れ。それ、それ、そう少し。こっちも手に力が入ります。

そして、最後のその子も無事、飛びたっていきました。

旅立ちに、ホットしましたが、ちょっぴり、さみしくもありました。

物語は、まだ、続きます。

2.3日して、2階のベランダで、お布団を干していると、なんと、お隣の屋根に
あの小鳥一家が、こちらを向いて並んでいるではありませんか。

 お子達は、何やら楽しそうに、ぱたぱたしながら、遊んでいます。
「お世話になりました。元気にやっています。」と、親鳥が言っているようでした。

想いが通じていたんですね。すごく、すごくうれしかったです。

ひとしきり、姿を見せてくれたあと、一家は、また、旅立っていきました。

訪問先で聞いた、素敵なお話です。私も幸せな気分になれました。

                         山外 桂子

You must be logged in to post a comment.