» 2013 » 8月 » 17のブログ記事

8月は行事がもりだくさんなフリーステーションです(*^_^*)

昨年、関西大会にて優勝し、グランプリ大会に出場させていただきましたが、今年も出品を決定し、数か月で完成し

今年は、昨年と同じ100歳の方のお話ですが、今回はベテラン看護師ではなく新人のヘルパーとの物語。

えーっと、内容は当日、お楽しみにしていただくということで(__)

コンテストの結果や作品のできばえのことは、さておいて、映像を作ることでの思いなどを少し書かせていただきます。

まず、昨年、初めて関西代表になったあとの今年、実は本当にドキドキしていました。

「前回の優勝だから、プレッシャーだよね。」「期待されてるかもしれないから、緊張するね」と周りには言われましたが、そんなこと考えたこともなかったのです。

本当のプレッシャーは誰かとの比較、他社様の作品との比較ではなく、自分の(会社の)中でのプレッシャーだったのです。

昨年はフリーステーションの中でも超ベテランで、優秀な半谷という看護師が書いたストーリーでした。なんとしても、これを次のキャストにバトンを渡さなくてはと思っていました。

「続けば、昨年の物語の価値がもっと上がる」「続かなければ、昨年の作品がフリーステーションの作品というより個人レベルの作品になる」くらいのことでした。さすが彼女はすごい!ではダメじゃないだろうか・・・

どきどきしながらたずねました。

「今年は介護チームの中から誰か出しませんか?」

嬉しいことに、介護キャストはみんな「やります」「私たちがやらしてもらえるんですか?」と気持ちの良い返答でした。そのときは、本当に感激しました~

そして、いよいよ、山邊の作品にしようと決定して、制作していくことに・・・・ここから、多を学ぶ毎日です。

たとえば、こんなやりとり

私「山邊さんは、どんなことで悩み、どう克服したん?」

山邊「私は自然にやってただけなんで・・・う~ん、わからない」

私「でも、これじゃだめだ、とかこうなりたい、とかいろんなことを考えて、悩んで努力したから

いい関係になったんじゃないのかなあ」

山邊「ただ、玉川様は正直で、笑ってくださるときもあれば、緊張した固い表情をされるときもある。

それがすべてあらわしているので、ただただ、笑顔を見たいと思っているだけなんですが・・・」

???・・・・・・・・・・なんとなくわかるけど、映像で物語にするには起承転結がないと・・・(-_-;)

何度も、何度も私や他のキャストと山邊は話をして

写真を集めたりする中で、やがて「自分が大切にしていることは事業missionなんだ」と気が付きました。

住み慣れた地域で暮らしていく方々とそのご家族の幸せのサポーターになること

周りの者が勝手に決めた先入観でなく、ご自身の思いときちんと向き合うことや、

作業にならないで目的をいつも忘れないこと・・・など多くの気づきが日々ありました。

 

この作品を作ることにならなければ、自分がmissionに忠実に行動したかどうかや、

玉川様の幸せが何かについて、じっくり考える余裕がなかったかもしれないと思うと、本当にコンテストの機会はありがたいことです。

 

※当日まで、物語をお楽しみにしておいていただきたく、抽象的な表現でわかりづらいことと思いますがお許しください。

 

 

ということで、今年は絶対グランプリを!!!

図1