» 2013 » 10月のブログ記事

みなさん、フラメンコってご存知ですか?

スペイン、情熱、ステップ、華やかな衣装・・・・などが思い浮かびますね。

今回、アンチエイジングキャンプに参加しなければ、私もフラメンコに関して、このキーワードが思い浮かぶレベルでした。

お世話になった「前橋温泉クリニック」さんは、診療(クリニック)と温泉「クア・イ・テルメ」を経営されています。

院長先生は「岩波 佳江子」先生。美人な上、アンチエイジング医療をされているという、すばらしい方です。

そして、今回、ご紹介したいのは「フラメンコ」

岩波先生がもう、10年以上されていて、このクリニック内でも教室をされているのですが

これがアンチエイジングになるそうなのです。

 $ハッピーエイジングワールド-あ\\

岩波先生です。普段の姿から大変身!でも、普段もとても美しいですキラキラ☆ミ の画像\\(これは先生のブログからの写真です)

膝に負担がかかりそうな気がしますが、実は膝に負担ない運動だそうです。整形外科医の岩波先生がおっしゃるのですから間違いなしです!!

今回は、観客としては十分楽しめましたが、観客もいっしょに~の時間では、

絶対に人に見られてはいけないような気がするほど、思うようにできませんでした

あ~

前橋に引っ越したい(*_*;

習いたい(*_*;

デイのゲストに体験してもらいたい(*_*;

本当に楽しそうですよ。そして、みなさんお元気です。

20131026_190912

 

ステージに先生の生徒さんと思われる、私よりご年配の方々がぞくぞくと・・・・・

すてきです。

何歳になっても、ステージで踊れるなんてすばらしいヽ(^o^)丿

 

 

 

 20131026_191933

かっこいいですよね動きます のデコメ絵文字\\

 

 

 

 

 

大阪にて、フラメンコを教えてくださる方募集中です\(^o^)/ はまってしまいました。早く習いたーい\(^o^)/

早く、デイのキャストに体験していただきたい!

 

そして忘れられないのが

前橋温泉クリニックさんのスタッフのみなさんの、お・も・て・な・し です。

懇親会はすべて手作りのお料理。しかも、私には作れそうもないです(涙)

20131026_19333920131026_193445

 

味も見た目も心がこもっていておいしかったです。私たちが楽しんでいる間、いえいえ、前日からみなさんで一生懸命に準備してくださっていたのでしょう。

しかも、「どうやって喜んでいただこうか・・・」と考えながらでしょう。

先日の感動物語コンテストの時にも感じましたが、バックステージって大切です。

でも、スポットライトの当たらない場所。そのようなところで役割を持っておられるのも、すばらしいサイコー の画像\\

ありがとうございました。

さて、フラメンコに戻りますが、

詳しくは、数か月後!?私が体験してみてのお楽しみです!ご期待ください!

今年は、いつまでも夏日が続きましたが、さすがに11月に近づくにつれて、秋らしくなってきました。

10月26日~群馬県前橋へ行ってまいりました。

目的はアンチエイジングキャンプ(*^。^*) なにそれ(・・? ですよね~

まずはその説明をしますと

一般社団法人アンチエイジングリーダー養成機構(理事長:順天堂大学大学院 医学研究科加齢制御医学講座 教授 白澤卓二先生)の主催するイベントです。

次に、なぜ私が参加することになったか?(何人かの方に聞かれました(笑))

このブログにも時々書いておりますが、私は抗加齢医学会の会員であります。なぜ、私が抗加齢医学を学びたくなったかというと

ひとことでいれば、これからの超高齢社会で、人が幸せであり続けるために必要な医学だと思っているからです。

会員であるので、当然、いろいろな学会、セミナーなどに参加するのですが

今回、来年の認定指導士受験単位取得のために、近々に開催されるものを受講するつもりで、学会から送られてきた案内を見ていますと

「ロコモティブシンドローム研究会」が前橋であるのを見つけ、非常に興味を持っていた内容でしたので、遠いけど行こう申し込みをしようとしましたところ・・・

以前より興味のあった「ノルディックウォーク」の話を、いつもお世話になっている吹田市民病院の辻 文生先生がお話しされるではありませんか(*^_^*)

近くにいる先生のお話しを、わざわざ前橋に移動して聴く!なかなかいい!と思いませんか?・・って思いませんよね(;一_一)

と、いわず、来年の受験単位も必要だし、他の演題もすばらしいものなので、申し込みをして~

「先生、10月25日の前橋、行きますよ」と電話してみましたところ・・・・「へーわざわざ遠いのにありがとう」と、シンプルなやりとり。

で終われば、1泊2日か、日帰りコースの出張の予定でしたが

その数日後に、「前橋行くついでに、山登りに!」と、意味不明な連絡をいただいたのでした。

それが、このキャンプのことだったのですが、以下がプログラムです。

 

「豪太の探検学校~群馬の名峰谷川岳トレッキング」

講師 三浦豪太(プロスキーヤー・登山家)

 お父様の三浦雄一郎さんをサポートして親子でエベレスト登頂を果たしたことは記憶に新しいですね。豪太さんと一緒に日本百名山のひとつ、谷川岳に登りましょう。

 

「驚くほど身体が軽くなるJASボールエクササイズ」

講師 中尾和子(厚労省認定健康大使 フィットネスインストラクター)

 

「フラメンコライブ~フラメンコでアンチエイジング」

カンテ(唄)占部智恵
ギター   藤嶋良博
バイレ(踊)岩波佳江子 佐々木美江子 
      早川由佳 福島沙弓

 

「メディカルポールを使ってノルディックウォーキング」

講師 大竹 実(全日本ノルディックウォーク協会公認指導員)

監修 岩波佳江子(前橋温泉クリニック院長)

 

白澤卓二先生講演会

  「三浦雄一郎さん80歳でエベレスト登頂の秘訣」

   テレビ、雑誌で活躍中のアンチエイジング医学の第一人者、順天堂大学教授の白澤卓二先生による講演です。長年三浦雄一郎さんを医学的にサポートしてこられた白澤先生から、三浦さんの例を通じてみなさんにアンチエイジ    ングの秘訣をお話ししてくださいます!必聴です!!

※長い説明でしたが、おわかりいたけたでしょうか?

何でも、体験してみたい派の私は、当然、この話にすんなりのっちゃいまして(^_^;)翌日から、20年間の運動不足を取り戻そうと、トレーニングを始めました!

と、偉そうに、大げさにトレーニングなんて言っちゃいまして、はずかしいのですが、参加して動けなくなるなんてことも十分考えられるような私ですから

毎日、1時間歩くことから始めただけです(笑)

そして、いよいよ当日を迎え、夢にまで出てきた谷川岳の頂上での写真撮影!な、な、なのに~\(◎o◎)/!台風28号のため、谷川岳は中止となりました。

でも、中止になられければ見せていただくことのなかった、貴重なエベレストの映像も見せていただき、貴重な生のお話しを聴け、大満足でした。

三浦豪太さんのお話しの中を聴いていて、ずっと思っていたのは

フリーステーションのゲストのみなさんや、地域の人に、この話を聴いてもらいたい、ということでした。

私は、ここ数年、アンチエイジング(抗加齢)についての取り組みを進めていますが

どうしても、「若く見える人は、自分とは違う人間」「病気してしまったら仕方ない」「100歳で○○してる人は、ごく一部」

などと、ご自分のことになると、なかなかなことが多いのです。

でも、80歳でエベレストに上った三浦雄一郎さんは、他の多くの人とどう違っているのか?の答を、聞けたのです。

それは、やはり予測どおり

「どんな状況でも、おもしろいことを思いつく。いつも楽しもうとする。」こと。

だから冒険という観点がエイジング(歳を重ねていくこと)にブレーキをかけるのでしょう。

あ~本当にすごいお話しでもあり、やっぱりそうですよね、とも言えるお話しでもありました。

 

DSCF1003

 

三浦雄一郎さんの身体的管理をされている白澤卓二先生

テレビでお見かけするまんまの、すらりとされた方です

三浦豪太先生は、さすがに筋肉がすごいって印象です。

 

 

 

DSCF1005

 

左から開催会場の「前橋温泉クリニック」院長の岩波佳江子先生(美しい^。^)

いさはい歯科医院の理事長砂盃 清先生(本当にホスピタリティあふれていました^。^)

右は(株)ヘルシーパスの福地 かつ美さん(3日間、ご一緒させていただき、いろいろと勉強になりました^。^)

 

 

DSCF1007

 

さすが、アンチエイジングキャンプだけあって、どなたも実年齢マイナス○○歳の笑顔

(自分以外の方の話です(~_~;))

 

 

 

20131026_193849

 

 

登山は残念でしたが、この「谷川岳」はおいしかったです~

 

 

 

 

 

 

3日分の学びは、少しずつアップします。お楽しみにダッフィー(わくわく) の画像\\\\

2013年10月12日、感動物語コンテスト グランプリ大会が開催されました!

今回は2回目の関西代表!

会場は、大阪市立中央公会堂!DSC06695(小)\\\\

 

 歴史を感じる建物です

DSC06701(小)\\\\

 このような舞台で発表させていただけるだけで、ありがたいなあと思います。

中之島、学生時代住んでいたので、懐かしいです。

 

リハーサルのため9時半に到着しました。

実行委員の皆様が、もうすでに準備に忙しくされている中、このたびいっしょに出場させていただく方々とお会いしたり

久しぶりにお会いする方々とごあいさつをしたり、会場内をうろうろとしたり・・・笑

それにしても、影で動いてくださる方々・・・会場に来られたみなさんに、このバックステージをお見せしたいなあと思いました。

感謝の言葉しかありません。

 

さて、そんな時間を過ごしている間に・・・

会場に、仲間や友人、そしてたくさんのお客様が来場されていました。

1

 

DSC06719(小)\\\

 

←今回の主役の玉川様と山邊、

そして、山邊のチームの河上、担当看護師も記念写真を撮影

この笑顔は、映像に入れたいくらいのすばらしい笑顔(*^_^*)

 

 

 DSC06717(小)\\\

 

 ←デイサービスご利用のゲストとキャストもデイサービスセンターを抜け出して!?到着!

今回はもう一つの嬉しいを達成できました。

デイサービスご利用のゲストを、この会場にお連れできたことです。

それは、デイキャストからの提案だったことも、とてもうれしい出来事でした。

 

そして、いよいよ~始まりました!

6

7

8

 

← 発表順、2番目!自分で引いたくじ引きで決まった順番だから、運命のナンバーと信じていました!

会場のみなさんの一生懸命聴いてくださる顔を見ていると

どんどん、言葉が出てきて、少し予定よりしゃべりすぎ(;一_一)でしたね。

 

 

9

10

100歳の玉川様が、ご自分の足で、公会堂の舞台の上に立ってくださいました(#^.^#)

すごいことです。

数年前に、日野原先生の講演が同じ会場でありました。私は会場で聴いていましたが、もちろん、すばらしい講演でした。

でも、たしか、もうすぐ100歳になられる前だったと思います。。。。ということは、もしかしたら100歳でこの会場の舞台に立たれた最高年齢かもしれないです\(◎o◎)/!

弊社以外の5社の作品も、すべて素晴らしいものでしたが、当日はほとんど会場で観ることはできず、このブログにかけず(__)お許しくださいませ。

 

そして、結果発表。

15

 

 冠スポンサーのLFC株式会社様から贈られるLFC特別賞は、

中部地区代表「消したくない・・・繋いできたばちの音」社会福祉法人 万灯会 障害者支援施設羽島学園様

 

 

  

 14

 

弊社は審査員特別賞をいただきました。すばらしい審査員の方々に選ばれたというだけで

涙がとまらず、きちんと挨拶ができなかったことが悔やまれます<(_ _)>

 

 

 

 

13

 

 

そして

みごとグランプリは、株式会社酒井商会様の「出逢いの奇跡 祈りの奇跡」でしたヽ(^o^)丿

 

 

 

最後に、ごあいさつがきちんとできなかったので、

このブログにて改めて・・・・・

 

感動物語コンテストは、もう4回目なのですが、最初の作品は恥ずかしいくらいの作品(今、となればですが)です。

でも、どの作品を見返しても、いつも当時のことが鮮明に思い出されます。

それは、本当に思いのつまったものである証拠だとも思うのです。

12年の会社で、いいことばかりあったわけではありません。

それは、どの会社もどの人の人生もそうですが、だから人生なんだなあ~ということを作品を通して思い出します。

そして、ずっとこのコンテストで言い続けていることが、同じだということを本当は檀上で聴いてもらいたかったのです。

「好きに暮らす贅沢」「最期までふつうに、人として尊厳されて」

いろんな言葉で表現してきましたが、本当に伝えたいことは全く変わっていない。

今年のカンコンは、それを自分が一番気が付かさせていただける場所でした。

制作前、制作中、予選会、本選、そして、いろいろな方との出会いや感謝の気持ちを持てたり、

キャストの成長を喜んだり。。。すべてよい経験をさせていただきました。

支えてくださった方々には、感謝の気持ちしか思いつきません。

ありがとうございました。

嬉しい言葉の種まき

| 未分類 |

9月29日(日)有馬温泉の兵衛向陽閣さんへ行ってきました!

温泉旅行???いえいえ~第一の目的は講演会です。

実は、兵衛向陽閣の水田さまよりお誘いを受けて参加したのは

元NHKアナウンサーの村上信夫さんの「嬉しい言葉の種まき」の講演会でした。

言葉って本当に不思議ですよね。生物の中でも人、人間だけが使えるものですが、

ちょっとした言葉で、傷つくこともあり、よろこぶこともあり、愛を感じたり・・・

私も頭ではわかっているのですが、なかなか現実はできてないと思っています。なので、いかに実行できるかが課題です。

その課題クリアのためには、できている方のお話しを聴いたり、自分自身も感動の感性を磨きたいですね。

ここで、先に告白しちゃいますが、私、今回のお誘いを受けるまで村上信夫さんのお名前しか知りませんでして、(ごめんなさ~い)

当日までに予習!本は三冊購入!ばっちり情報を仕入れて当日に臨んだのですが、知れば知るほど、すごい人だとわかり

わくわく、どきどき、懇親会まで参加申し込みしているけど、こんなすごい方と食事会なんてと緊張していましたが

本当に気さくな方だったのも、嬉しい言葉の種まきができるお人柄なのでしょう。

20130929_195640←足して110歳のショット^_^;

気持ちは 足して50歳の青春ということに^_^;^_^;^_^;

どちらが何歳?は非公開です(笑)

しかし、村上さんはお若いので驚きました。いつも人と接しておられるからでしょうか?

 

 

【さて、講演での学びです。】

  • 基本の嬉しい言葉

「おはよう」 これからは、まず、朝起きたら自分に向かって最初のおはよう!

「ありがとう」 よく、人にいい服ですね、と言われたら、いえ、安物ですからなんて謙遜していいますが、これは否定の言葉だから

        これからは、まずは、ありがとう!としっかりレシーブしよう。

「いただきます」  ついつい、一人で食事するときには忘れがち。命をいただきます、は忘れずに。

「よかった」 「大丈夫」 相手のよかったことによりそう言葉、よかったですねではなくて、よかった!がポイントだな~

「おかげさま」 いつも誰かに感謝していると、自然と出てくる素敵な言葉です。

 

  • 幸福だから笑うのではなく、笑うから幸福になる

よく耳にする言葉ですが、嬉しい言葉のお話しの中で聴くと、かなりリアルな感じがします。

今日から、笑っていよう!

 

自分が嬉しいときには「セロトニン」が分泌されます。そして人がうれしそうにしていると「オキシトシン」が分泌されます。

この二つが、バランスよく出れば自律神経が保たれる。やっぱり自分の犠牲の上には人の幸せにはできないのです。

アナウンサーのお仕事は「人の喜びを倍にして悲しみを半分にする」とおしゃっていました。

すばらしいヽ(^o^)丿

その後の懇親会&懇親会partⅡでも、まだまだ嬉しい言葉が続きました。

懇親会partⅡで有馬稲荷神社の宮司様とご一緒させていただき、これもまた、楽しいいいお話しでした。

そして翌日、村上様のご祈祷にお伴させていただきました。http://www006.upp.so-net.ne.jp/arimainari/

CIMG2564← 兵衛向陽閣様が神社まで送ってくださいました。感謝。さてこの急な階段を登っていきます。まずは記念写真。おちゃめなご夫婦です(*^_^*)

CIMG2565← だんだんと足が思うように上がらなくなってきた頃に・・・この立札発見。よっしゃもう一息がんばろう!

やっと到着です~

CIMG2569← 若い人たちは、元気だなあと、つくづく思ってしまう瞬間でした。    

 

 

CIMG2573← この階段もかなり・・・(;一_一)神様にはなかなか近づけないのであります。

CIMG2571← 心が洗われるような、空気でした。

 今回も学び多し、週末でした。

このご縁をいただきました、有馬兵衛向陽閣http://www.hyoe.co.jp/

水田耕運さまとお世話くださいました皆様に、感謝いたします。