» 2015 » 3月のブログ記事

3月も後半に入り、日々、確実に春が近づいてきた気配のする今日この頃です。

3月といえば、年度末、そんな、慌ただしい日常の中

今日は、本当にうれしい宅急便が届きました。

私の大切なお友達であり、尊敬するお姉さん(ちょっとだけですわらい のデコメ絵文字\\\)でもあり

そして、オフイス・ワン!代表で絵本セラピストの 福島えいこさん

http://www.offwan.com

から

絵本が送られてきました!!!

2015-03-14-11-31-09_photo

包みをあけると

何とも、ほんわか~ハート のデコメ絵文字\\\

とした空気に変わりました。

しかもタイトルはなんと、「ライフ」

私の大好きな

奥のふかーい言葉であります。

2015-03-13-18-19-06_deco

さすが、えいこさん。

私をよく知ってくださっています。

なかなか忙しくてお会いできていない方から

こんな風にプレゼントが届くって!

幸せすぎて、うれしすぎて、一日中、にやけていたに違いありません。

自分ではわからないけど、きっとそうです。

2015-03-14-11-54-32_photo

夜、ゆっくり読もうと思いながらも

ついつい、ちょっとだけ、と自分に言い訳しながら

いくつかページをめくってしまいました。

全部、お見せできないのは残念ですが

ご興味のある方は・・・以下の情報をご覧ください

株式会社瑞雲舎

♦作 くすのきしげのり

♦絵 松本春野

さて、ライフの話に戻ります。

町のはずれの、お店「ライフ」

店員さんがいるわけでもない、リユースシステムのお店。

そこには、町の人が様々な思いを抱き訪れます。

何かを置いて帰り、何かを持ち帰り・・・

そんなストーリーの中で、町の人たちのライフ(人生)がつながっていきます。

私は冒頭に「ライフ」という言葉が好きだと書きましたが

とても奥が深い言葉だなと思うのです。

介護や医療という仕事をさせていただいていて

一言でいうと「ライフ」

日々の暮らし、生活、それらが一本の線になる人生、そして・・・命

という3つの意味が重なり合う言葉だと感じます。

この絵本を読んで、悲しい話ではないけれど

なぜか涙があふれてきました。

それは、きっと一人の人のライフの深さを越えて

人と人のつながりが、とても感動だったからだと思います。

一人のライフは、人がつながることで

もっと素晴らしいんだな、って思います。

絵本の力に、魅了されました。

えいこさーん!はまりました~父の日 のデコメ絵文字\\\