先日、年末のご挨拶をし、気がついたら新年のご挨拶をし・・・

そして、もうすぐ1月も中旬になろうとしています。

ボーっとしていたら、時間に流されてしまうというのを実感しています。

年末に会社の片付けをしているときに、懐かしい色紙を見て

改めて好きな言葉を思い出し、今年はこの言葉で自分のコントロールをしていけそうな気がしています。

岩もあり木の根もあれど・・・

「岩もあり木の根もあれどさらさらと たださらさらと水の流れる」

これは、私が尊敬していた方がくださった色紙に書いてある言葉です。

この方は、介護保険のなかった頃に出逢い、在宅介護支援センターの職員として

時々、ご自宅を訪問させていただいていた方で

その後、私が退職して数年の空白の後

知人を介して連絡をくださったのです。

ちょうど、私は起業して間もない頃でしたが

入院先に伺うと「圧迫骨折で要介護5だけれど、どうしても家に帰りたい。病院からは身寄りがないので施設を進められている。

なんとかしてほしい。」という本気の内容でした。

ありとあらゆる手段で・・・ご自宅のベットに横になった瞬間の涙は

一生、忘れられない涙です。

そして、この色紙をいただいたのはその7年後、要介護1となり

外出も楽しめるようになられ、そうなるための努力は本当に尊敬します。

色紙を頂いてからは、この言葉が自分の座右の銘になりました。

京都女子大学の創始者 甲斐和理子氏の歌です。

生きていれば、障害物もたくさんある、他人からの中傷もある、思うように行かないこともある・・・

そんなとき、この歌を思い出します。

今年も、いいことも悪いことも(岩も木の根も)丸ごと人生を楽しめるような

1年になりますように。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。