先日、参加しました「抗加齢医学会」のセミナーの報告を、ぼちぼちと、このブログで書いていこうと思います。

ミトコンドリアって、聞いたことはあるとは思いますが・・・

そうです。細胞の中にあるゾウリムシのような・・・と習った方が多いのではないかと思いますが、そのミトコンドリアのことです

生物の教科書でこんな絵を見たことないですか?

クリックすると新しいウィンドウで開きます\     クリックすると新しいウィンドウで開きます\  ←顕微鏡で見るとこんなのです

今回、私が一番興味をもったのは、日本医科大学大学院加齢科学の太田教授の「ミトコンドリア最新データにみる老化との関連」です。

人の老化は

活性酸素など→酸化による破壊→遺伝子の損傷の蓄積→ 機能低下→細胞死→生理機能の減退→生理機能の崩壊(死)

というメカニズムと考えられ

老化は複合的な要因の結果ではあるが、本質的な原因は

細胞増殖・遺伝子・ホルモン・炎症・・・いろいろありますが

ミトコンドリアの関与に集約されつつある 

というお話です。

かなり簡単なまとめ方をしますと

ミトコンドリアは

体内のエネルギー発電所であり 長寿の鍵はミトコンドリアと活性酸素 といえるのです

(活性酸素の90%はミトコンドリアで発生するがミトコンドリアが多いと活性酸素の発生が少なくなるそうであります)

だからミトコンドリアを増やす!

そんな得体のしれない!?ものをどうやって増やすの?と質問したくなりますね。

最近、カロリー制限については、抗加齢に鍵となっていることは、よくいろいろなところで耳にしますが

ミトコンドリアも、カロリー制限で増えるというデータがあるそうです。(これは、猿ではなく人間の実験のデータ)

そして運動もやはり関与しています。

そして、「高齢者でも増える」 そうです。\(^o^)/

ミトコンドリアの活動力は、運動をよくする70歳の方と22歳の平均はあまり差がありません。

やはり食事&運動

さあ!自分もですが・・・

ゲストのみなさんやキャストにも、がんばっていただけるよう努力いたします。

 

いろいろと調べると

コスメやサプリメントなど、ミトコンドリアでアンチエイジングの商品が多数出回っているようです。

あまり惑わされないようにしなくてはいけませんが、

正しく選べば、きっとアンチエイジングに役立つと思います。

 

しかし、自分の身体

60兆個の細胞からできていて、老化にミトコンドリアが関与してるなんて・・・

すごく不思議な感じがしますね。

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。