本日は、ここ「森ノ宮医療大学」の看護学科にて「在宅看護」「地域医療」のお話しをさせていただきました。

20131212_113802

森ノ宮医療大学は、看護学科が3年前に新しくできてから

古いお付き合いの大巻悦子教授に機会をいただいて、1回生のみなさんに在宅看護のお話しを毎年1回させていただいてます。

私も、ず~っと昔、看護学生だったのですが

どんなだったかな??ってもう忘れてしまって・・・どんな話に興味を持ってくださるのかしら・・・といつも悩みます。

今回は大巻き先生との打ち合わせの末、思い切って今年の感動物語コンテストの作品を使ってみました!

P1030466

はじまり、はじまり~

結果!!!!! 

さすがに若い感性!!!!!

終了後の一言コメントで、は

  • ?
    • ご高齢のゲストとは一期一会であるってよくわかりました。
    • 「好きに暮らす贅沢」は最幸の贅沢であるってなるほど~そして最高→最幸がポイントだと思う。
    • 訪問の仕事は「長く生きてこられた人生にちょっとお邪魔できる貴重な時間」(フリーステーションの女神、半谷の言葉です)ってことがとても印象的でした。
    • 在宅での看護は医療現場とちょっと違うんだ。サポータになることなんだと思った。
    • QOLって授業では習ったけど、今日、「ああ、本当はこういうことなんだ」ってわかりました。

などなど、のコメントいただきました!伝えたいこと、伝わっていました\(^o^)/

また、何よりうれしかったのは

みなさん、少なからず在宅看護に興味を持ってくださったこと。これだけでも、本当に嬉しいです。かわいい のデコメ絵文字\\

大学では、当然、理論的なことも学ばなくてはならないのですが

私のような外部から来る者の役割は、現場の感動を伝えることなのかな~と思います。

超高齢社会に少子化問題。日本の未来はどうなるのだろうと思うけれど

若い学生さんに期待しましょう~かわいい のデコメ絵文字\\

ちょっと笑えるネタも・・・^_^;

最初に私の紹介をしていただいたときに

19歳、20歳の学生さんには「株式会社フリーステーションの社長さんです」との意味が(・・?(・・?のようでした。

そうですよね、看護師が会社するの?って話です。

それで、自己紹介で、簡単に経歴を話させていただきましたら、何とか納得!?の反応でした。

そして、終了後に質問!「どのくらい稼いでおられますか?」って\(◎o◎)/!いや~こんな学生さん、ある意味、頼もしいですね手。拍手 のデコメ絵文字\\

今日は大満足な講義(自己満足だけど<(_ _)>)させていただき、ありがとうございました(*^_^*)

P1030453

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

カレンダー

2023年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728